月別アーカイブ: 2015年1月

グローバルゲームジャム2015に参加してきました!

疲れでバキバキの一條です!
今年も48時間耐久ゲーム開発イベント「グローバルゲームジャム」に参加してきました!

GGJ_2015

 

CRIからは、3名が各地で参戦しました。
増野氏・・・札幌会場
田中氏・・・軽井沢会場
一條・・・バンダイナムコスタジオ会場

私がバンダイナムコスタジオ会場を選んだのは、自宅から徒歩10分という利便性と、ガチの人が多そう、という期待からでした。

しかしながらふたを開けてみると、割り当てられたチームは「企画運営・プログラマ・プログラマ・プログラマ・俺(ニセプログラマ)」のアート不在チーム。
しかも、初日にゲームの原案と土台を作ってくれたプログラマが、お仕事で2日目以降は参加できなくなり、、、不本意にも私がリーダーとメインプログラマを張る形になってしまいました。

資料作りや使ったフォントの権利関係、音楽素材探しを企画にお願いしつつ、Unity初心者のプログラマにうまく作業を割り当てつつ、、、UI担当へ作業を分離して…とかやっていると、自分でコーディングする時間がどんどん吸われてしまいます。その上、不器用ながらモデリングをする必要もあり。
リーダーとメインプログラマは分けないとだめだったな…と反省しております。

完成したゲームがこちら!

「What Doodle We Doodle Dow?」

topimage

ゲームのダウンロードはコチラ

今年のゲームのテーマは「What do we do now ?」俺ら今何すんの?どうすりゃいいの?というニュアンスです。
それをもじって、クックドゥードゥルドゥー、すなわちニワトリ、すなわちヒヨコを助けるゲームを作りました。

システムはスタートからゴールまで到達する、シンプルなプラットフォームゲームですが、ふつうにジャンプしても次の足場に届きません。
マイクに向かって叫ぶと「枝」や「葉っぱ」が降ってきて、それを足場に奥へ進むことができるようになります!

声を出すときには、テーマである「What」「do」「we」「do」「now」と叫ぶのがコツです。やったーテーマバッチリ回収した!!(※音量のみで言語の認識はしていません)

ほかのCRIメンバの作品はこちら。

Polar Squadron

image-2015-01-26-18-02-42-301

ダウンロードはコチラ

札幌会場、増野氏の「一人チーム」ゲーム。昨年は2秒間シューティングを開発して大盛り上がりでしたが、今年は2分遊べる60倍仕様のシューティング!ショットとロックオンミサイルを駆使して高得点を狙え!
ちなみにゲームは6MB、実行ファイルは490KBの超軽量仕様です!

Yuden

sukurinsiyotuto_2015-01-25_15.12.59

ダウンロードはコチラ

軽井沢会場、田中氏の3人チーム。
ネットワーク三人対戦パズルゲーム。3人交代で1人のキャラクターを操作。
プレイヤーごとにカメラの位置が異なるので、結構頭を使いそう。

他にも国内会場は名古屋、大阪、福岡、沖縄と19か所に及び、
アイディアに富んだゲーム、美しいゲームや、最高にクレイジーなゲームなど多彩なゲームが2日間で生み出されました。

例年ながら、CRIはGGJ日本開催の準備会へ、ツール協賛を行っておりました。
いくつか「ADX2 LE」の採用ゲームもあります!
バンナム会場での採用ゲームはこちら。

かいぞく

game_14

ダウンロードはコチラ

宝箱を自分の陣地(海賊船)に運んでいくゲームです。2人または4人で対戦プレイ。
ゲーム内のオブジェクトをなんでもつかんで投げられるので、マストを外して投げつけたり、自分を大砲に詰めて射出したりとカオスな展開が楽しめます。おすすめです。

画面中の青や赤のバーが陣地の判定ラインなのですが、これにも秘密があり…?
結構豪華にBGMやSEを使っているゲームなのですが、ADX2 LEの導入でバッチリ圧縮できてます。

ほかにも「ADX2 LE」を使ったGGJタイトルがあれば追加していきます!