波形開始位置を変更する

【波形開始位置を変更するとは?】

波形を再生すると、「あれ、なんか再生遅い?再生遅延?」

波形の先頭部分を拡大してよく見てみると、無音部分がありました。

こんな時、ちゃんと対応するには波形エディタを開いて調整する必要があるけれど、
ADX2ならとりあえず対処することができます。

【シーケンスマーカーのシーケンススタートを使う】

  • 「タイムライン」の「キュー」の右側のところを右クリックします。
  • 「マーカーの追加」から「シーケンススタート」を選択します。
  • 波形の再生開始したい場所にドラッグして移動します。

これで波形の途中から再生がとりあえずできます。
ただし、ちょっと負荷的に損しているので、時間がある場合は波形を編集するのが良いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です