エラーもなく音が鳴らない8つの要因

エラーもでずに音が鳴らない

  • レベルメータなどは動作していますでしょうか?
    レベルメータが反応していない場合は、内部でボリューム系が落とされている可能性があります。
    (バスボリューム、カテゴリボリューム、AISACやセレクタ、ランダム、リミット処理、リスナーが遠いなど様々な要因があります。)
    ボリューム処理で音が小さい場合や、トラックが空のシーケンスや、元波形が無音などの場合はエラーも音が出ません。
  • DAWがWASAPI排他モードなどの場合に、DAWが起動中にサウンド処理を奪ってしまう場合など考えられます。
    この場合は排他モードで動作しているDAWを終了していれば問題ないと思われます。
  • 初期化時にエラーが発生しているか?
    バスが足りない、ボイスプールが足りない、ストリーム数が足りない、再生レートが足りない、ACFが何らかの要因でロードできていないなど、バスセンド先が存在しない場合なども音が鳴らない状況があります。この場合、再生時よりもはるか以前の初期化時にエラーが出ている場合があります。
    プレーヤーの3D有効設定、フェーダー設定などプレーヤーに起因するエラーなども考えられます。
  • PCのボリュームが下がっている/Muteになっている/出力デバイスが異なる
    オーディオインターフェースなどの設定でMuteになっていたりしないでしょうか?
    また、チャンネル数が合わないデバイスなどで、サラウンド側の音が鳴らないなども考えられます。
  • 距離減衰の設定が最大0になっている > ボイスのパンタイプが「3Dポジショニング」で、キューの距離減衰が、初期状態の(最小0.最大0)となっているとリスナーとソースが同じ位置にある時にしか鳴らない
  • キュー、トラック、ウェーブフォームリージョンの「再生確率」が100以下に設定されている。
  • キューのシーケンスタイプが「ポリフォニック」でセレクタ設定されていて且つセレクタがプレーヤーにセットされていない
  • awbに対応するacbが異なる。(awbまたはacbが古いなど。この場合正しく再生されない)リビルドすることで解決する。

 

リミット処理のかかる順番と音が聞こえない条件