7.1chサウンドを再生する初期設定の注意

7.1chを再生する場合

  • ASRのチャンネル数(初期化時設定、出力チャンネル数)
  • 素材のチャンネル数(波形のチャンネル数)
  • ボイスプールのチャンネル数(初期化時設定、ボイス再生する時のチャンネル数)
  • パン演算時のチャンネル数(初期化時設定、パンの計算するチャンネル数)

[ASRチャンネル数]
7.1chのサウンドを再生するには、asrの出力チャンネル数も8chに増やす必要があります。
ASR=アトムサウンドレンダラー ADX2の再生レンダリングをするモジュールです。

[素材のチャンネル数]
7.1chの素材のチャンネルの並び順は、L,R,C,LFE,Ls,Rs,Lsb,Rsbの順番になります。
素材=元波形wavのチャンネル数

[ボイスプールのチャンネル数]
ボイスプールは同時に再生する数だけ用意することでリソース消費を軽減できます。
例えば、元素材がモノラルしかならさない場合は1chで済ませることができますが、7.1ch素材を鳴らす場合は、8ch設定のボイスプールを用意する必要があります。
ボイス=再生時の1発音に必要な処理リソース

[パン演算時のチャンネル数]
合わせて、パンスピーカータイプを6ch(L,R,Ls,Rs,Lsb,Rsb)または7ch(センター含む6ch)にする必要があります。
パンスピーカータイプは初期状態では4chとなっており、5.1chにダウンミックスされて出力されてLsb,Rsbが鳴らないといったことになります。
もし鳴っていない場合は確認してみてください。
パンスピーカータイプ=パン演算の方法、どのチャンネルまで使用してパンニングを行うかという設定。

[余談]
ADX2では初期状態では5.1chのパンが扱われるようにできています。
この時、「センターを含めて音をまわしたいかどうか?」といったところからパンスピーカータイプが用意されています。

5.1chは比較的想像しやすく、後ろ側の成分が鳴らなくなるといったことがありますが、
7.1chの場合、残りの2chが正しく発音しているかは気がつきにくい点です。
これについては、レベルメーターで発音しているかを確認することができます。

パンスピーカータイプは、パンニング時のスピーカーのタイプとして4ch(L,R,Ls,Rs)や5ch(センター含む4ch)を指定することもできます。
このチャンネル数を使用して音を回転するといったことが可能になります。