処理をビートに合わせる

ビートに合わせてトラックを切り替える -> セレクタによるトラック遷移キューを使う (セレクタの切り替えで再生トラックが切り替わる)

トラックに異なるBPMを指定したりもできる。

ビートに合わせてキューを切り替える -> ビート同期情報を含むキューを再生後、アクションのスタートを持つキューを再生することで、アクション先のキューがビートに同期して再生される。 (同じプレーヤーでアクションを再生する)

次に再生されるキューにもビート同期情報があれば、そのビート同期情報にしたがって、次のアクションも同期する。

ビートに合わせてブロックを切り替える -> ブロックの分割数をビート数にして、ブロックを遷移させる。

プログラムで再生時刻を監視して再生する -> PlayerのGetTimeを使う。