マテリアルCSVインポートの利用方法

マテリアルCSVインポートは、マテリアル情報をCSV出力/入力することができます。

主な用途は、新規にファイルを追加した時に、設定情報をCSVで用意することで、自動化などの応用や、外部テキストツールによる設定の一括置換などができます。

マテリアルルートフォルダは特殊

マテリアルルートフォルダをエクスポートしても
「インポート先がマテリアルルートフォルダ」になり、元のフォルダ「MaterialRootFolder」が展開されるので、
少し混乱するかと思います。

運用例

CSVとしては、マテリアルルートフォルダいかに目的別のフォルダをまず用意

例:BGMフォルダ

このBGMフォルダを出力して、インポートすることで正しく読み込めます。

マテリアルを管理するフォルダを作る

運用としては、マテリアルルートフォルダ直下にファイルを追加するのではなく、

フォルダを作成し、エクスポート/インポートするとうまくいきます。