グローバル参照セレクタラベル

グローバル参照セレクタラベルは、

グローバル=全体設定 を参照するセレクタラベルで、セレクタに設定があります。

機能は

  • ACF読み込み時に、ツールで設定したセレクタラベルが使われる
  • プレーヤーでセレクタを設定せずとも、このセレクタを使っているトラックが再生される

ポリフォニックやスイッチなどで、セレクタを使用して、
トラックを選択する場合、再生前にプレーヤーにセレクタをセットする必要がありますが、

このグローバル参照セレクタラベルは、グローバル(全体設定)側を参照するラベルとして機能します。

プレーヤーにセットした場合

プレーヤーにセレクタをセットした場合プレーヤー側の設定が優先されます。

プレーヤーをリセットすると、グローバル参照に戻ります。

グローバル参照セレクタラベルを初期値にする

初期値として、設定しておくことで、再生時に「セレクタがセットされていないために再生されない」という状態を避けることができます。

  • ゲームエンジンなどで、セレクタラベルの設定が再生前に難しい(プレーヤーが存在しない状態での再生など)

に便利です。

全体へ影響するラベル付き変数として

ゲーム変数と似ている部分

ゲーム変数はグローバル(全体設定、ACF側)に値を持っていますが、
グローバル参照セレクタラベル」もグローバルに値を持っています。

  • 8個以上のセレクタを制御したい

8個以上のセレクタを制御したい場合はかなり特殊なケースですが、
プレーヤー側で操作せずに
プログラムから「グローバル参照セレクタラベル」をセットすることで、動的に切り替える事ができます。