dB(デシベル)表示

【dB(デシベル)表示とは?】

CRIのボリュームの概念は、波形の最大振幅を1.0としたものを基準としています。
コンピュータ上で波形の振幅を計算する場合に効率が良いためです。
一方、オーディオの世界で音量(音の大きさ)をあらわす基準としてdBという表現があります。
こちらの方が扱いやすい場面もあります。

【dB(デシベル)表示へ変更する】

ボリュームの値は0.0~1.0といった値になっています。

これをデシベル表示にするには以下の操作をします。

  • 「ツール」メニューの「プロパティ」を選択します。
  • 「共通設定」から「表示設定」を選択します。
  • 「リストペイン表示設定」の「音量をデシベルで表示」のチェックボックスをCheckします。

これで、キューなどのリストのボリュームがdB表示に変わります。

【dB(デシベル)とCRIのボリュームの関係】

なお、dBとCRIのボリューム値(0.0~1.0)の対応は、だいたい以下のようになります。
1.0 (-0dB)、0.75(-3dB)、0.5(-6dB)、0.25(-12dB)

一部dB表記にならない部分もありますが、脳内で補間していただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です