月別: 2017年10月

ローパスフィルタで水中音

トラックの「バイクアッドフィルタ」を「ローパス」にして、Cofを4000Hzくらいまで下げると少し篭った音になります。

水の中にいるような表現に使えます。

  • フィルタはキューの下にあるボイスボイスに対して機能します。
  • キューの下にあるボイスに対してのフィルターはAISACなどでパラメータをリアルタイムに変更することができます。
  • キューやトラックの影響を受けるので、複数のボイスにまとめて変更もできます。
  • カテゴリにつけたAISACでもまとめてコントロールが可能です。
  • バスのエフェクトとしてもフィルターを用意することができます。

原音と圧縮音を簡単に比較

F5キーで再生 (ボリュームやエフェクトがかかった音がなる)

F3キーで原音再生 (元のwavやaifが鳴る)

タイムラインで選択したウェーブフォーム、マテリアルフォルダのマテリアルで選択した項目が再生できます。

SVNのプラグインがある

SVN(サブバージョン)のプラグインがあります。

全体設定などロックしたりできます。

(ただし、SVN自体は遅いので使いどころに注意。更新時以外は無効にしておくなど・・・)

SVNのプラグインはPluginsフォルダにインストールなど設定が必要です。詳しくはマニュアルを参照ください。

プラグインダウンロード(要アカウント) https://www.criware.jp/support/adx2/tools/download_j.php

マニュアル(要アカウント) https://www.criware.jp/support/adx2/pc/docs/jpn/craftv2_vcs_about.html

V3ではダブルクリックで表示が出ます

V2とV3の大きな操作の違いとして、
ツリーのアイテムを

V2はシングルクリックで表示が切り替わる。(レイアウトが変わる)

V3はダブルクリックで表示が切り替わる。非表示や隠れている場合にビューが手前にきます。
ビューが手前にある場合はシングルクリックで表示が切り替わります。

V3では合わせてCmd+1(Ctr+1)などでレイアウトを切り替えると良いです。

となります。

基本操作はドラッグ&ドロップ

ADX2の操作は基本的にドラッグ&ドロップでの操作が可能です。

ツリーやリストに対して、ドラッグ&ドロップを試してみることで、新しい発見があるかもしれません。

例)

  • CTR+ドラッグ&ドロップで複製
  • 複数キューをカテゴリへドロップ -> 複数キューにまとめてカテゴリ設定

1アクションでデータが作れる